どのタイミングでバックオフィスを外注するか?②先行投資の感覚が大切

こんにちはー!
株式会社ON-ISMです。
オンイズムと読みます。

事務代行、秘書代行・業務サポート
バックオフィス代行の会社になります。

今回の内容は

①心の余裕があるうちに…

 

②売上を作る!と決めることが大事

こんな内容で書いてみました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

①心の余裕があるうちに…

正直ですねー・・・・ぶっちゃけてしまうと…

忙しくなり過ぎちゃうと
バックオフィス代行の依頼は難しいかもしれません。

ちょっと今回はビジネスマインド寄りのお話になりますが、

気持ちに多少余裕がある内じゃないと
外注、アウトソーシングという発想が浮かびにくいのが現実です。

「もういいや!自分でやっちゃう!」

「人に振るのがめんどくさい!」

こんな気持ちになってしまうと…
バックオフィス代行の発想にたどり着かないかもです…

 

なぜこんなことをブログで書いているかと言うと…

おそらく…

このブログにたどり着く人は
まだ心に余裕があると判断し、書いてみました。笑

だって忙しい人ブログ読む余裕無いと思います。笑               

ぜひ情報収集する余裕があるうちに!ご相談ください(^^)

 

 

②売上を作る!と決めることが大事

これは一経営者である自分にも言えることなのですが

例えば…

今より広いオフィスを借りる、人を雇う など

これら全て先行投資なんですよね。

 

「売上見込み」があると思って先行投資はしますが
未来のことはわかりません。

何か滞って売上発生の時期がずれるかもしれませんし
そもそもその売上が出ないかもしれない。

 

不安だから…

オフィスはこのままで良いし、人も雇わなくていい…

こうなってしまうと
現状維持が続くだけで、後退が始まってしまうかもしれません。

「先行投資したからには、絶対売上作る!」

このマインドが必要でして

これは外注、アウトソーシングの検討も同じだと思います。

事務代行契約しちゃったから!!!!

この費用をペイできるように頑張ろう!

 

この考え方が重要なのかなと思います。

「決断」=「決めて絶つ」ですからね

退路を絶って攻めの体制になるわけです。

 

そうすると
おのずとビジネスの拡大をすることができるはずです。

 

自分が言うとセールストークになってしまうのですが
(まぁセールストークなんですけど。笑)

今後ご自身のビジネスの発展を目指すのなら
先行投資という感覚でバックオフィス代行に依頼するのは
アリなのかなぁと思います。

ぜひ今後の視野に入れてみていただければと思います!

 

何から相談すればわからない…
そんな状態でも大丈夫です!

お気軽にお問い合わせください(^^)

事務代行ならON-ISM

「何をお願いしたら良いかわからない」など、
初期のご相談でも大丈夫です。
お気軽にお問い合わせください。